卒業シーズンを迎えました。

小学校の卒業式と共に少年野球も卒団式を迎えますね。

本日は少年野球の卒団式の贈る言葉に必ず入れて欲しい一文を紹介します。

あなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  

少年野球卒団式の贈る言葉。必ず入れて欲しいこの一言。

子ども達は野球を通して人生に必要なことを全て学びます。

学校で学ぶことよりもずっと多くの事を学んでいるような気がします。

バットにボールがかすりもしなかった子どもたちがブカブカのユニホームを身にまといグランドを走り回る姿を見たのが最初でした。

「フライ取れない!」

「ゴロ取れない!」

「バットにボールが当たらない!」

「この先どうなるんだろう?」との不安もよそに子ども達はいつの間にか成長していました。

「ヒット打てた!」

「ホームラン打てた!」

「アウトに出来た!」

ほんのささいなことにも喜び、あるいは負けて悔し涙を流した日々が蘇(よみがえ)ります。

それも今となっては全て良い思い出です。

これら全てが子どもたち1人1人にとって、なくてはならない大切な出来事だったのです。

そんな子供たちの卒団の門出に贈る言葉には次のフレーズを必ず入れてくださいね。

「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・だからです!」

「・・・」の部分にその子にぴったりの言葉を入れてください。

例えばエースピッチャーとして頑張ってきた子にはこう言います。

○○君!きみが生まれてきてくれて本当に良かった。

なぜならば君はいつもチームのみんなを信頼して投げてくれたからだ!

みんなが頑張って来れたのは君がみんなを信じてくれたからだ!

ありがとう!

ライパチ君にはこう言います。

△△君!君が生まれてきてくれて本当に良かった!

なぜならばいつも大きな声でみんなを励ましてくれたからだ!

私のいるところから最も遠いところにいるのに君の声が私の中では一番大きかった!

ありがとう!

万年補欠君にはこう言います。

◎◎君!あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!

なぜならばいつも楽しく練習をしてくれたからだ!

君がいてくれたから苦しいはずの練習が実は楽しいものだと教えられたよ!

ありがとう!

スポンサーリンク

あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・

「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・だからです!」

気をつけて欲しい事が一つだけあります。

「あなたたちが・・・」や「君たちが・・・」ではありません。

必ず名前を呼びかけてその後に「あなたが・・・」または「君が・・・」のフレーズにしてください。

それは子供たち一人一人に語りかけて欲しいからです。

全員に向けて語りかけるのではなく一人一人に目を見て語って欲しいのです。

なぜならば一人一人が主役だからです。

投げるのが上手な子、バッティングの上手な子、足の早い子、守備の上手い子、いつも声を出してくれる子、ドンマイと言ってくれる子、後片付けをしてくれる子、掃除をしてくれる子、荷物運びを頑張る子、スコアをつけてくれる子、一緒に喜んでくれる子・・・。

いてもいなくてよい子なんて一人もいません。

だから「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・だからです!」と語りかけてください。

【 良いチームの条件 】

まとまりのある野球チームの条件をご存知ですか?

それは一番下手くそな子が野球を楽しめているチームです。

強いチームはたくさんあります。

でも野球の上手な子が集まっているだけのチームが多いです。

子どもたちの気持ちがバラバラなのです。

「卒団した後も子ども達が時々教えに来てくれる!」

そんなチームを作りませんか!

卒団式ではすでに次のチーム作りが始まっています。

「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・だからです!」

このフレーズは子ども達の様子をじっくり観察していなければなかなか言えない言葉です。

卒団式でこの言葉を述べるということは、新しいチームも一人一人しっかり見守ろうと言う決意表明でもあります。

ところでこの「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・だからです!」はバリデーション・サークルで使うフレーズなんですよ。

バリデーション・サークルとは?

バリデーション・サークルとは日本語で「承認の輪(しょうにんのわ)」と言います。

元々は誕生日などで行なっていたゲームです。

ウチも子ども達の誕生日には毎回このゲームを行ないます。

夕食の後バースデーケーキで誕生日のお祝いをします。

ハッピーバースデーを歌ってケーキをカットした後、ケーキを食べながらバリデーション・サークルをします。

「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば、いつも弟と遊んでくれるからです!」

そしてみんなで拍手します。

誕生日のお祝いの時にはこれを家族みんなでします。

つまり誕生日を迎える子は家族全員から「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・」と言われるのです。

最後に「・・・だからです!以上!」で締めることになっています。

「以上!」を合図に全員で拍手します。

バリデーション・サークルを家族ですると子ども達の心が安定します。

兄弟喧嘩はありますが、「自分はここに居て良いのだ!」と実感します。

子どもたちだって外では色々なストレスを受けます。

それを家庭で癒すことが出来ると、再び外に向かっていく力が出ます。

「君の居場所はここだよ!」と子どもが実感出来るのがバリデーション・サークルの威力です。

このバリデーション・サークルを卒団式にも使ってくださいね。

【 卒団式でバリデーション・サークルをするときの注意点 】

少年野球の卒団式でバリデーション・サークルをするには工夫が必要です。

卒団生が3~4人くらいまでなら発表者も3人くらいまでに抑えることで本来の形での実施が可能です。

それ以上の人数で行なうと時間が掛かりすぎて間延びしてしまいます。

せっかくの良い場面なのでメリハリをつけるのが必要です。

なので卒団生が10人以上もいるような場合には、監督やコーチなど代表の方が一人一人に贈る言葉を述べるようにしてください。

拍手もしない方が良いです。

拍手しなくても、順番に語られる監督の贈る言葉に子どものお父さんお母さんは順番に泣き出します。

まとめ

本日は少年野球の卒団式の贈る言葉に必ず入れて欲しい一文を紹介しました。

「あなたが生まれてきてくれて本当に良かった!なぜならば・・・だからです!」

誕生日に行なう「バリデーション・サークル」の応用でしたね。

とても感動的なセレモニーになります。

卒団DVDの上映と共に取り入れてくださいね。

あなたの参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

誕生日のバリデーション・サークルのやり方はこちらの記事が参考になります。

子どもの誕生日祝いにおすすめの企画バリデーション・サークルのやり方!

スポンサーリンク