こんにちは。

インスタントラーメンの袋麺をチキンラーメンのように鍋なしで作る方法をご存知ですか?

本日は、お鍋がないときにマグカップを使って調理する方法をお話しします。

あなたの参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

インスタントラーメンの袋麺を鍋なしで作るにはこれ!

インスタントラーメンの袋麺を鍋なしで作る時には電子レンジを使うんですよ~!

ポイントはお湯を高温に保つことです。

【 電子レンジを利用して作る時のコツ 】

電子レンジを利用するにも二通りあって、水から作るのとお湯から作るのがあります。

違いは、水から作る方が柔らかくてお湯から作るほうは少し硬いです。

硬い麺のお好きな方はお湯から作るのが良いですね。

ウチのレンジでの、温める時間を参考に書いておきます。

○水から作る時 → 500Wで3分

○お湯から作る時 → 1分後に500Wで1分

スポンサーリンク

インスタントラーメンの袋麺をチキンラーメンのように茹でないで作ってみた!

では、実際にインスタントラーメンの袋麺をチキンラーメンのように作ってみましょう。

今回使用したのはサッポロ一番味噌ラーメンです。

1、マグカップを温める

まず、お湯をマグカップに入れてマグカップを温めます。

このお湯は一旦捨てます。

2、袋麺を開けて、4つに割り、2個入れる

そのままでは、マグカップに入らないので4分割します。

そのうちの2個をマグカップに入れます。

つまり袋麺の半分で作るわけですね。

3、マグカップに麺を入れて、お湯も並々と入れて、フタをする

スープは後で入れるので、この時はお湯だけです。

4、1~2分待つ

5、500Wの電子レンジで30秒温める


温度が下がってくるので、1~2分後に電子レンジで温めます。

レンジで温めると泡が出ます。

吹きこぼれないように気をつけて!

この時1分で温めたら吹きこぼれてしまいました。

お湯の温度は90度ありますので、20秒~30秒で十分です。

レンジの中の様子を伺いながら温めてくださいね。

そして泡が盛り上がってきたらすぐにレンジを止めてください。

6、最後にスープを半分より少し少なめに入れてよくかき混ぜれば完成

硬い麺のお好きな方は待ち時間を少な目に、柔らか目のお好きな方は待ち時間を長目に取ってください。

スープの濃さも適当に調整出来ます。

マグカップもあつくなっていますので、食べる時にお湯やマグカップの淵でヤケドしないようにしてくださいね。

インスタントラーメンはマグカップで作るのがオフィスでの新常識!

最近のオフィスでは、ポットや電子レンジはあっても、コンロのない所が多いですね。

ウチの職場もそうです。

そんなオフィスでは、ちょっと小腹が空いたときに重宝するのが、カップラーメンです。

私もカップラーメンは時々食べていましたが、お鍋がないので袋麺のことは考えたこともありませんでした。

そんな時にウチの息子が普通の袋麺にお湯をかけて食べているのを見て「これだ!」って思いました。

私のオフィスでは、いつもコーヒーを飲むときにマグカップを使っています。

このマグカップをどんぶりの代わりにして袋麺を食べるようになりました。

私はスゴイ事を発見したと思って取引先の方に聞いたら、「私もしてるよ~!」とのこと。

な~んだ!そのようにしている人もいるんですね。

今やオフィスではマグカップ袋麺が常識!

えっ? なになに? 袋麺を半分じゃ足りないって?

じゃあ、おかわりしてね。

デブらないようにね~!

最後に

インスタントラーメンの袋麺をチキンラーメンのように鍋なしで作るには電子レンジが便利でしたね。

電子レンジを使うときは吹き零れないようにレンジのそばにいてくださいね。

他にもインスタントラーメンに関する記事をこちらにまとめていますので、ご覧になってください。

お湯がなくて水しかない時の作り方もありますよ!

インスタントラーメンの調理方法についてまとめました。

スポンサーリンク