こんにちは。

バリカンを使って自分の散髪に挑戦するんですね!

出来ますよ!

ぜひ、チャレンジしましょう!

セルフカット歴11年の私が、バリカンだけを使って自分で刈り上げる方法をお伝えします。

バリカンのコツは三つ。

サイドの仕上げのコツは二つ。

襟足の仕上げのコツは一つです。

バリカンだけで自分の髪の毛の刈り上げに挑戦したいと考えているお父さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  

バリカンで自分を刈り上げる方法はこれ。

バリカンを使って自分で刈り上げるには、コツがあります。

でもそれはたったの三つです。

・頭頂部はつまんで

・中段は下から上へ

・下部は上下左右へ

この三つのパターンの動かし方を覚えるだけです。

私の髪型は短い刈り上げです。

ソフトモヒカンでもないです。

頭頂部に髪の毛を少し残して、他は白くならない程度に刈り上げています。

【 頭頂部はつまんで 】

バリカンに3mmまたは6mmのアタッチメント(付属品)を付けます。

アタッチメントを付けたまま使用するのは、指を怪我しないようにです。

9mmや12mmのアタッチメントよりも、3mmや6mmが作業しやすいです。

それはアタッチメントが薄いからです。

しかしアタッチメントの3mmや6mmは肌が白くなるので機を付けてくださいね。

頭頂部のバリカンのコツは髪の毛を指でつまんで持ち上げながら指の近くにバリカンを入れることです。

利き手にバリカンを持ち反対の手で髪の毛をつまんで持ち上げます。

そしてバリカンをつまんだ指に触れながら刈ります。

髪の毛をつまんで持ち上げる手で長さの調節が出来ます。

いきなりバッサリ切ると修正が出来ないので、少しずつ切ります。

もう少し短くしたいと言うときには、いつでも短く出来ますが、切りすぎたものをもとに戻すのは出来ませんからね。

【 中段は下から上へ 】

中段はアタッチメントの9mmを使います。

中段を刈るときには、下から上へまっすぐ動かします。

多少斜めに刈っても構いません。

頭のラインに沿ってバリカンを滑らせて、途中からは人工衛星が地球の引力を離れて宇宙へ飛んでいくようなイメージでまっすぐ腕を伸ばすと上手く出来ますよ。

この説明で分かるかな?

側頭部は鏡で見えますが、後頭部は全く見えません。

ピンクレディーの「UFO!」の歌の振り付けのように「まっすぐ上へ!」を意識すると、上手に出来るようになります。

この説明、40歳未満の方は分からないですね!

ごめんなさい!

サイドも同じように下から上へ刈り上げます。

【 下部は上下左右へ 】

アタッチメントはこのまま9mmでいっちゃいましょう!

この9mmは、地肌が白くなりません。

これで、真ん中よりも下の部分を丁寧に刈ります。

同じ方向だけだと、筋が入ってしまうので、縦横斜め、上下左右へと色々な方向から刈ってください。

そのうち、ジョリジョリという音がしなくなったら仕上がっています。

この辺りで、1度鏡を見てください。

後頭部は、合わせ鏡にして確認します。

私はお風呂場の鏡と妻から借りた手鏡でチェックしています。

慣れるまでは、ちょっと見づらいかな!

スポンサーリンク

サイドをバリカンで自分で仕上げる方法はこれ。

もう、仕上げに入っちゃいます。

サイドの仕上げのコツは二つです。

・耳の上を丁寧に

・揉(も)み上げはアタッチメントを外す

【 耳の上を丁寧に 】

アタッチメントは6mmを使います。

6mmは肌が白く透けて見えるので慎重に刈ってください。

耳たぶの上のところが一番刈りにくい所です。

つまり、刈り残しが出やすい所なんです。

耳たぶを下に折り曲げながら、丁寧に刈ってください。

【 揉み上げはアタッチメントを外す 】

揉み上げ部分の仕上げには、アタッチメントを外して行います。

好みの長さの所に、バリカンを立てて軽く当てます。

刃先をゆっくり下に滑らせると、長さがバッチリ決まります。

バリカンの刃先は丸く加工されているので、強く押し当てない限り皮膚が切れることはありませんから、安心してくださいね。

襟足をバリカンで自分で仕上げる方法はこれ。

襟足(えりあし)の整え方のコツは一つだけ。

・慎重に

これだけです。

見えない部分なので鏡を見ながら少しずつ刈ります。

最初に6mmのアタッチメントで襟足を軽く仕上げます。

6mmのアタッチメントは肌が白く透けるので少しずつ刈ります。

6mmで刈る範囲はこれくらいです。

次に3mmのアタッチメントを付けて襟足を軽く刈ってください。

3mmのアタッチメントは地肌が白くなるので、上の方まで刈ってしまうと真っ白になります。

襟足の仕上げは、生え際の部分だけを、軽くなでる程度にしてください。

木材の角をカンナで削る面取りのようなイメージです。

最後に首筋の毛をアタッチメントなしで刈ります。

以上で完成です。

左右で微妙に差がありますよね。

私の技術はこんなもんです。

まとめ

バリカンを使って自分を刈り上げるコツは三つでしたね。

・頭頂部は右左へ

・中段は下から上へ

・下部は上下左右へ

この三つのパターンの動かし方を覚えるだけで自分で自分の散髪が、出来ます!

私はこの方法で10年近く自分で散髪しています。

最初は失敗して丸坊主にしてしまいましたが、2回目からはずっと成功しています。

と言っても、プロの技には及びません。

「この程度でOK!」と常に自分に言い聞かせています。

でも誰にも笑われたことはありませんよ♪

あなたもそのうち、上手くなりますって!

「いやいや、陰で笑われてますって!」

えーっ、そうなのなあ~?

あなたがこの記事を読んで、バリカンで散髪を自分でやってみようと思えたならとても嬉しいです。

もしもセルフカットに挑戦して刈り上げに失敗したら丸坊主にしてください。

丸坊主って案外オシャレなんですよ。

頭の形が綺麗な証拠ですしね。

下記に私が書いた散髪関連の記事をまとめてあります。

自宅での散髪とバリカンオイルの代用品などについてまとめました。

スポンサーリンク